JPCOAR情報誌(9/30 UP!!)

 

申込・応募トピック

◆現在、申込・応募トピックはありません。
 

おすすめのOAリソース

論文の著作権

論文の著作権

 学術雑誌をはじめ、さまざまな雑誌に掲載された論文には、著作権の一部が、雑誌の発行元である学協会側に 譲渡されているものがあります。 
(詳しくは各雑誌の投稿規定をご覧ください。 このデータベースでも、Web上で見ることができる投稿規程については掲載しています。) このため、雑誌に掲載された論文について、別の場所から公開する際には、 著者だけではなく、学協会の承諾も得ねばならない場合があります。機関リポジトリや、著者個人のWebページで公開する場合も学協会の承諾が必要になることがあります。 
 
 ただし、個別の論文ごとに学協会に確認していたのでは、どちらの側にとっても大変煩雑なことになってしまいます。 そこで、学協会ごとに公開についての方針(ポリシー)を決めて、そのポリシーの下に、雑誌以外での公開の是非を決定する というところが多くなってきました。 このSCPJ(学協会著作権ポリシーデータベース)は、そのような学協会の公開に関するポリシーを集めて、 簡単に確認できるようにしたデータベースです。

著者版と出版社版
 学協会が雑誌以外の場所で公開を認めているものは、多くの場合著者最終版といわれるものです。これは一般的には、 「雑誌に掲載される直前の、著者の手元にある最終の版」と解されています。さらにその他にも、 査読後のもののみとか、査読前のもののみといった制限がある場合もあり、それぞれポリシーが違ってきますが、 基本は著者の手元にある版で、雑誌に掲載された版ではありません。 

 ただ、学協会によっては、雑誌に掲載された論文を、そのまま他の場所で公開することを認めている場合もあります。 このデータベースでは、その場合には、「出版社版の公開可」という項目で、雑誌に掲載されたものを そのまま公開することが可能であることを表しています。 

「査読前」「査読後」の定義

 下記の図は投稿から出版までのモデルと「査読前」、「査読後」、「出版社版」の定義を示しています。論文の著作権

関連情報

 

連絡先

JPCOAR コンテンツ流通促進作業部会 SCPJチーム
E-mail: jpcoar_SCPJ#nii.ac.jp(#は@に変換してください。)