JPCOAR オープンアクセスリポジトリ推進協会 概要 About 組織 Organization 参加組織 Members 参加申込 Join us
JAIRO Cloud とは? What is 'JAIRO Cloud'? 規程類 Rules 会議資料 Minutes 事業計画・事業報告 Project 各種資料 Publication
 

コンテンツ流通促進作業部会 / Contents Working Group

趣旨

JPCOARオープンアクセスリポジトリ戦略 2019~2021年度 戦略の2「オープンアクセスを推進する学術情報流通の基盤を整備し、コンテンツの流通、活用を促進する。」に基づいた活動を行う。

戦略に基づいた活動計画

  • 1. コンテンツ収集の方策を検討し、リポジトリを活用した学術情報のオープン化に寄与する活動を促進する。
  • 2. 著作権等のポリシーに関する動向を確認し、学協会等への適切な働き掛けを行う。
  • 3. 多様なコンテンツの流通を支えるメタデータスキーマであるJPCOARスキーマの普及に努め、国際的な相互運用性を確保するために適切な維持管理を行う。
  • 4. 外部データとの連携を支える永続的識別子の活用を促進する。
  • 5. コンテンツの再利用を可能とするため、著作権者等によるライセンスの付与を促進する。
  • 6. 国立情報学研究所と連携・協力し、JAIRO Cloudの機能改善と安定的、持続的な運営を行う。

Activities Based on the Strategy

Strategy . Establish an infrastructure for the circulation of scientific information that advances open access, and promote the distribution and use of contents.

  • 1. Develop measures to collect more contents, and promote activities that will contribute to the open access of scientific information through repositories.
  • 2. Monitor trends on copyright policies of journals, and make suitable approaches to academic societies and associations.
  • 3. Work to disseminate the JPCOAR Schema, a metadata schema supporting the distribution of a various types of contents, and undertake appropriate maintenance to ensure international interoperability.
  • 4. Promote use of permanent identifiers as a basis for exchanging data with external.
  • 5. To enable reuse of contents, promote the granting of licenses by copyright holders.
  • 6. Coordinate and cooperate with the National Institute of Informatics, and improve the functions of JAIRO Cloud while maintaining its stable and sustained operation.

成果物・関連資料

JPCOARの活動と図書館の可能性山中 節子(京都大学), 西岡 千文(コンテンツ流通促進作業部会・京都大学)、Japan Open Science Summit 2019
JPCOARスキーマが支えるデータ引用片岡 朋子(コンテンツ流通促進作業部会・お茶の水女子大学)、Japan Open Science Summit 2019
・「COAR Annual Meeting 2019参加報告書」 松村友花(コンテンツ流通促進作業部会・神戸大学)